アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

連休だというのに…

2005年9月18日 at 21:57:08

結局、今日は何にもせずに、一日ごろごろ。(?_?;)
やっぱり疲れてますねぇ?

少し前だけれども、考古学についての本を2冊読みました。どちらも、考古学の年代測定法に関連したものです。

  • 金関恕・森岡秀人・森下章司・山尾幸久・吉井秀夫『古墳時代の始まりを考える』(学生社、2005年5月刊)
  • 春成秀爾・今村峯雄編『弥生時代の実年代 炭素14年代をめぐって』(学生社、2004年刊)

2002年に、弥生時代の始まりがこれまで考えられていたよりも500年遡るという説が出されていたのですが、この「暦年較正年代」の正体がよく分からなかったのですが、2冊目の本を読んで、ようやく少し分かってきました。従来の学説との関係をどうするかという問題は残っていますが、年輪年代法も含め、弥生時代の実年代が相当遡るのは間違いありません。

Similar Articles:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2005/09/18215708/trackback/

Leave a Reply