日本の侵略を中国の側から見る

『蒋介石秘録』(産経新聞編)

いま、『蒋介石秘録』(サンケイ新聞社編、初版1975年刊、改訂特装版1985年刊)を読んでいます。別に、産経新聞や蒋介石の肩を持つつもりなどありません。また本書は、蒋介石の日記や回想、台湾政府の公文書や国民党の公式記録に「準拠」しつつも、あくまで書いたのはサンケイ新聞です。だから、全体の基調になっているのは反共史観だし、そこここに、侵略正当化につながる日本側の注がつけられています。

しかしそれでも、たとえば日本が中国に突きつけた「21カ条要求」について、蒋介石の日記や中国政府の公式資料が引用されているので、当時、中国側がこれをどう受け止めたか、ある意味で生々しく伝わってきます。歴史を具体的に理解するためには、そういう“実感”がけっこう大切なのです。そういう目で読んでみると、全体を貫く反共史観の中に、いろいろ面白いところが登場します。

参考までに、そのくだりを紹介しておきます。これは、蒋介石が当時書いた文章です(同書、上、294?296ページ)。

 かねがね、私(蒋介石)がいうように日寇(日本という侵略者)が示した21カ条の精神は、各種の不平等条約を集大成したものであった。……およそ中国の政治、法律、軍事、警察、賦税、交通、鉱産、塩業、宗教、教育など、立国のために必要とするところの文化、国防、経済の要素は、精神面においても、事実面においても、すでに列強との間に結ばれた不平等条約で、失われ、分割されつくしてきた。21カ条は、これら列強が共有している特権を、日本帝国主義者の手に集中させ、それを独占し、壟断しようとするものである。……21カ条は、悪辣、苛酷の最たるものである。それは日本の帝国主義者の中国に対する侵略政策をさらに一歩進めた。日本は中国の分割政策から独占政策に変えたのである。
 ……
 すべてこれは日寇が中国全土を占領し、属国化し、奴隷化しようとしたものであった。

日本側から侵略戦争の歴史を描いた文献では、侵略戦争を批判する立場のものであっても、中国国内の動きはいくつかの歴史的な断面で、部分的にしか取り上げられません。それは、日本の動きを中心にする以上、当然であって、それが悪いと非難するつもりはありませんが、しかし、辛亥革命いらいの中国国内の動きと日本の侵略との関わりが分かりにくいことも事実です。その点、本書では、辛亥革命以来の国民党の動きや北伐をめぐる中国国内の動きが系統的に書かれていて、その歴史の中で、日本軍の侵略や軍閥を利用したカイライ政権づくりの動きが描かれているので、なかなか興味深いものがあります。とくに新しいことが書かれているわけではありませんが、同じ歴史を反対側から眺めるような新鮮さがあります。

本書の中では、中国権益に固執し、それを拡大しようとするソ連の動きも詳しく書かれています。それらは、社会主義への道から転落したスターリン時代のソ連の覇権主義の歴史だと思って読んでいます。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">