アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

管理職になりたくない?!

2007年5月28日 at 23:59:11

今日の「日経新聞」夕刊の「生活 ワーキングウーマン」欄で、働く女性の4割が「管理職になりたくない」と思っているという記事が出ていました。

紹介されていたアンケート調査というのは、こちら。
GEWEL「働く女性意識調査」(pfdファイル、712KB)

このアンケートを見ると、「あなたは、現在の職場で管理職(課長待遇以上)になりたいとお考えですか?」の質問に

すでに管理職である 5.5%
将来管理職になりたいと考えている 16.1%
管理職にはなりたくない 40.7%
どちらともいえない 34.0%
その他 3.7%

で、この40.7%の人にその理由を尋ねると、

今まで以上に、長時間働きたくないから 50.7%
責任を負いたくないから 29.6%
部下を持ちたくない 19.8%
管理職になっても、それに見合った収入が得られないと思うから 17.8%
仕事は一人でやる方が好き 12.5%
他部門との「調整・ネゴ」などはやりたくないから 11.3%

ということで、管理職になると、今まで以上に長時間働かされて、責任をおわされ、部下の面倒もみさせられた揚げ句に「それに見合った収入が得られない」ということのようです。これって、けっこう当たっているかも。(^_^;)

ちなみに、この調査をやったのは、GEWELというNPO団体。GEWELというのは、Global Enhancement of Women’s Executive Leadershipの略、だそうです。

なお、この調査は、インターネットによる調査で、有効回答は2,486名。で、アンケートに答えてくれた人のプロフィールは、「30代前半の女性が最も多く、また、社員1万人以上の大企業、業種としては製造業、そして事務職の女性が多い」、そして45%が外資系、55%が日本の企業・研究所。87.5%が正社員ということになっています。

このほかにも、面白い結果がいろいろ。

まず「何のために働いているのか」という働く目的。「自分のため」が64.4%で一番、そして「家計のため」28.0%というのもリアルなところか。そして、30代後半以上になると、「家計のため」の割合が高くなる。同じように、30代後半以上だと、現在の職場であれ他の職場であれ、ともかく「定年まで働き続けたい」という割合が高くなる。

また、59%が「職場で男性の方が優遇されている」と回答しているのも注目される。「平等」という回答は28.2%だけ。で、「具体的には、以下の点で男女間の差別を感じることがありますか」との質問にたいする回答。

昇進・昇格に差別がある 42.4%
賃金に差別がある 31.1%
結婚したり子供が生まれたりすると勤め続けにくい雰囲気がある 25.0%
女性は定年まで勤め続けにくい雰囲気がある 23.2%
能力を正当に評価しない 22.2%
女性を幹部職員に登用しない 20.2%
教育・訓練を受ける機会が少ない 15.4%
補助的な仕事しかやらせてもらえない 12.0%

Similar Articles:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2007/05/28235911/trackback/

Leave a Reply