アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

アフガン東部でISAF、国軍兵士が武装勢力と激しい戦闘

2007年11月10日 at 23:41:27

アフガニスタン東部で、ISAFと国軍が、武装勢力と激しい戦闘になり、ISAFと国軍兵士9人が死亡。今年に入ってからのISAF兵士の犠牲者は200人に。

アフガニスタン東部で激しい戦闘 ISAFと国軍兵士9人が死亡(AFPBB News)

アフガニスタン東部で激しい戦闘 ISAFと国軍兵士9人が死亡
[AFPBB News 2007年11月10日 19:32 発信地:カブール/アフガニスタン]

【11月10日 AFP】北大西洋条約機構(NATO)が指揮する国連治安支援部隊(International Security Assistance Force、ISAF)は10日、アフガニスタン東部で発生した武装勢力との戦闘で、ISAF兵士6人とアフガニスタン兵士3人が死亡したと発表した。
 ISAFの声明によると、徒歩で巡回中だったISAF部隊が、銃やロケット弾で武装した武装勢力の待ち伏せ攻撃を受けたことから応戦し激しい戦闘となった。多国籍軍側の犠牲者は、イスラム原理主義組織タリバン(Taliban)率いる武装勢力との1回の戦闘では最多となった。そのほか、ISAF兵士8人、アフガニスタン兵士11人が負傷した。
 死亡した兵士の国籍は派遣元の国が発表することになっており、現時点ではまだ明らかになっていない。ISAFには37か国が参加しているが、同国東部で任務に当たる部隊は米軍が大半を占める。
 公式発表に基づきAFPが集計したところによると今回の戦闘により、アフガニスタンに兵力を派遣している国の兵士の今年に入ってからの犠牲者は200人に達した。

Similar Articles:

Tags:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

One Response to “アフガン東部でISAF、国軍兵士が武装勢力と激しい戦闘”

  1. 自衛隊の給油活動は、本当にアフガンと日本の協力 武装解除指揮、伊勢崎賢治・東京外大教授に聞く – 毎日jp(毎日新聞)…

    「テロ対策」の名目で海上自衛隊が行っていた給油活動は、本当にテロ対策やアフガニス…

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2007/11/10234127/trackback/

Leave a Reply