資本論を手に入れました(^_^)v

マルクス没後100年復刻版『資本論』

やった〜〜〜 マルクス『資本論』の、各巻とも初版セットを手に入れました。ヽ(^o^)丿

といっても、1983年にマルクス没後100年で復刻されたリプリント版(Keip Verlag Frankfurt/Mein)ですが。海外の古書サイトで見つけて注文してから、約20日。ようやく届きました。

『資本論』の原語版というと、いま一般に流布しているのは、いわゆるWerke版。

しかし、前にも書いたことがありますが、Werke版『資本論』は、もともと普及版、民衆版とうたったもので、脚注などでマルクスが英語、フランス語などで引用したところが、ほとんど全部ドイツ語に訳されています[1]。ほかにもいろいろ校訂・編集を加えたところもあって、ぜひ手元にマルクスが発行したままの『資本論』というものをもっておきたかったのす。

送料含め、152ドル71セント、1万4000円。『資本論』の値段としては、実にお手頃です。(^_^;)

あとは、やっぱり、マルクス生前最後のドイツ語版である第1部第2版ですね。海外の古書サイトを調べてみても、マイスナー版(エンゲルス編集の第4版を、マルクス没後も増刷・発行したもの)は時々見かけますが、第2版はまったく見つかりません。第2版を収めた新MEGAのII/6も手に入れたいのですが、こちらも出回りものがないようです。

Related Articles:

  1. もちろんWerke版でも、ドイツ語に訳された部分は、巻末に他言語の原文が載せられていて、ちゃんと原文を確認できるようになっているのですが。 []

Similar Articles:

  1. GAKUさん。今晩は。
    マルクスをやると、このような面白い研究も副産物として生まれるんですね。ヘーゲルと並んでマルクスに関するエントリーも読ませていただきます。今のところ私の力では消化する力が足りませんが、何べんも何べんも、記事と睨めっこしております。(^○^)

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">