アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

キーボードが届きました!!

2010年5月4日 at 16:23:44
届きました!! MITSUMI製コンパクト・フルキーボード

届きました!! MITSUMI製コンパクト・フルキーボード

先日お茶をこぼして壊してしまったMITSUMI製のコンパクト・フルキーボード。

みなさんからご心配をいただきましたが、インターネットを調べてみると、現在もウォルテック社から販売されていることが判明したので、さっそく注文。本日、無事、新品が届きました。ヽ(^o^)/

コメントやメールをいただいたみなさん、ありがとうございました。m(_’_)m

この製品、箱にはしっかりとOwltechと書かれていますが、

箱にはOwltechとはっきり書かれているんですが

箱にはOwltechとはっきり書かれているんですが

キーボードを裏返してみると、MITSUMI製というラベルが貼り付けてあります。よく見ると、箱の裏にも、「Produced by MITSUMI」と書かれています。委託販売あるいは委託製造? ということなんでしょうか。

裏を返してみるとMITSUMIのラベル…

裏を返してみるとMITSUMIのラベル…

何にせよ、無事動いてくれれば、オイラには何の文句もありません。(^_^;)

キーピッチ15.3mmというのは小さいと思うかも知れませんが、オイラにいわせれば、キーピッチ19mmという方が、身体のデカい欧米男性を基準にした規格であって、体格の小さな日本人にはもともとデカすぎると思います。

タッチタイプをしていても、19mmでは、EnterキーやBackSpaceキーに指が届きません。それらのキーを操作するたびに、指をポジションから外していたのではタッチタイプは不可能です。ところが、このキーボードだと、小指をひょいと伸ばせば、オイラのような小さな手でも、ちゃんとEnterキーやBackSpaceキーに指が届くのです。

しかも、メンブレン方式であるにもかかわらず、キーストロークが浅いので、連続入力をしていても指が疲れにくい!! ということで、とっても重宝しています。

惜しむらくは、インターフェイスがPS/2だけなこと。DellのパソコンはPS/2のコネクタがないので、USBに変換して使っていますが、そのせいか分かりませんが、時々、入力がおかしくなって、突然画面上にaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaなどと文字が連続表示されることがあります。Escキーを推せばすぐキャンセルできますが、最初はちょっと驚きました。(^_^;)

お値段5680円。ちょいとお高めですが、やっぱり使い慣れた環境が一番です。

Similar Articles:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2010/05/04162344/trackback/

Leave a Reply