アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

今夜はスパニッシュ!!

2010年9月17日 at 23:43:39

t東京フィルハーモニー交響楽団第791回サントリー定期演奏会

今夜は東京フィルハーモニーの定期演奏会でサントリーホールへ。スペイン出身のヘスス・ロペス=コボスの指揮で、スペイン特集のプログラムです。

  • トゥリーナ:交響詩「幻想舞曲集」 op.22
  • ロドリーゴ:ある紳士のための幻想曲
  • ファリャ:バレエ音楽「三角帽子」

2曲目ロドリーゴのギターは荘村清志氏。

ロドリーゴは「アランフェス協奏曲」の方が有名ですが、こちらもスペイン情緒たっぷりで、技巧的にも堪能できる作品でした。アンコールは「アルハンブラ」。オイラも昔、ギターに挑戦しましたが、「禁じられた遊び」はなんとか弾けたものの、「アルハンブラ」は挫折…。やっぱり荘村さんは上手いですねぇ。(*^_^*)

3曲目は、プログラムに、バレエ「三角帽子」のストーリーの紹介もあり、さらに音楽的な詳しい解説もあって、人妻に横恋慕する悪代官が懲らしめられるユーモラスな作品を楽しむことができました。ちなみに、解説は「名曲探偵アマデウス」でおなじみの野本由紀夫氏。

ソプラノの山本真由美さんは、短い歌だけでしたが、なかなか存在感があってよかったです。とくに、「粉屋の踊り」の最後の「カッコウ! カッコウ! カッコウ!」のところが印象的でした。

【演奏会情報】 東京フィルハーモニー交響楽団第791回サントリー定期演奏会
指揮:ヘスス・ロペス=コボス/ギター:荘村清志/ソプラノ:山本真由美/コンサートマスター:荒井英治/会場:サントリーホール/開演:2010年9月17日 午後7時?

Similar Articles:

Tags:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2010/09/17234339/trackback/

Leave a Reply