アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

反水素原子の閉じ込めに成功

2010年11月18日 at 21:37:43

理化学研究所が、反陽子と陽電子からできた反水素原子を0.17秒のあいだ閉じ込めることに成功したというニュース。

反物質なんていうと、まるでSFの世界ですが、本来なら物質と反物質は同数だけ存在して、それらが全部対消滅してしまえば、宇宙に物質は存在しなかったはず…。それが、わずかな「対象性の破れ」から、物質が残り、現在の宇宙に至っている。そんな希有壮大な話が、実験的に確かめられるときが近づいたのかも知れません。

文系のオイラにはさっぱり分かりませんが。(^_^;)

「反物質」閉じ込めに成功 理研参加の国際チーム:共同通信

「反物質」閉じ込めに成功 理研参加の国際チーム

[2010/11/18 03:02 共同通信]

 宇宙にほとんど存在せず、物質と出合うと消滅する「反物質」の一種を、実験装置の中に約0.2秒閉じ込めることに成功したと、理化学研究所などが参加する国際チームが、17日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。
 閉じ込めが1秒ほどに延びれば、レーザーを照射して性質を調べやすくなる。反物質を構成する反粒子と通常の粒子が同じ振る舞いをするという、物理学の基本的な理論を検証する実験に道が開かれた。
 理研の山崎泰規上席研究員によると、閉じ込めに成功したのは水素原子を構成する陽子と電子それぞれと電気的性質が逆の、反粒子でできた「反水素原子」。欧州合同原子核研究所(CERN、ジュネーブ)に設置された装置で、反粒子である反陽子と陽電子をつくり、新たに開発した実験装置の中で混合。
 こうしてできた反水素原子は小さな磁石の性質を持つため、装置内部に磁場を掛け閉じ込めるようにした。反水素原子があれば、磁場を切ると束縛を逃れて装置に衝突して消滅、光などを出すことから、実験を300回以上繰り返した結果、38個を0.17秒以上閉じ込めたことが確認された。

こちらが理化学研究所のプレスリリース。

動きがのろい冷反水素原子を38個も磁気瓶に閉じ込める!|2010年 プレスリリース|理化学研究所

Similar Articles:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2010/11/18213743/trackback/

Leave a Reply