オール・ドヴォルザーク・プログラム

読響『月刊オーケストラ』5月号

4月の定期演奏会を振り替えてもらって、読響の名曲シリーズへ。プログラムは、オール・ドヴォルザークでした。

  • ドヴォルザーク:序曲〈謝肉祭〉 op.92
  • ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲 イ短調 op.53
  • ドヴォルザーク:交響曲第8番 ト長調 op.88

震災の「諸」影響でズデニェク・マーツァルが来日できなくなり、指揮はペトル・ヴロンスキーに交代。ヴァイオリンは、母親が日本人というアラベラ・美歩・シュタイバッハー。

ヴロンスキーの指揮はいたって王道。交響曲8番は、音量のメリハリをつけ、テンポもかなり大きくゆらして、“いかにも”という演奏でした。

アラベラ・美歩・シュタイバッハーさんは、すらりとした長身で、スタイル抜群。重低音たっぷりの曲を力強く演奏しているのが印象的でした。アンコールは、クライスラーの「レチタティーヴォとスケルツォ」。これもなかなか聴かせる演奏でした。

しかし、それにしても、演奏のあいだ中、会場内ではずっとパリパリ、カチャカチャ、どこかしらで何かしらの物音がし続けていました。隣からは、腕時計のチッチッチッチ…と時を刻む音が…。もう少し静かにできないんですかねぇ〜 いくら名曲シリーズだからといって、客の水準、悪すぎます。

【演奏会情報】 読売日本交響楽団第538回サントリーホール名曲シリーズ
指揮:ペトル・ヴロンスキー/ヴァイオリン:アラベラ・美歩・シュタインバッハ―/コンサートマスター:小森谷巧/会場:サントリーホール/開演:2011年5月16日 午後7時

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">