台風15号、首都圏直撃か?

2011年9月21日 (水) at 07:39:21 Posted in 災害

気象庁2011年9月21日午前6時発表

気象庁2011年9月21日午前6時発表

台風15号が接近して、今日午後には、東海地方に上陸し、関東を縦断する見込み。和歌山、奈良の土砂災害、名古屋の河川増水、東北の被災地など心配です。

東京は、いまは「ときどきちょっと強い雨が降る」程度ですが、これからどうなることやら。予報どおりなら、夕方がいちばん接近している時間帯になるので、帰りの電車が心配です。

台風北上 紀伊半島が暴風域に:NHKニュース

台風北上 紀伊半島が暴風域に

[NHKニュース 9月21日 7時13分]

 非常に強い台風15号は、紀伊半島を暴風域に巻き込みながら北上を続けています。西日本から北日本にかけては21日も非常に激しい雨のおそれがあり、気象庁は土砂災害や川の氾濫などに厳重な警戒を呼びかけています。
 気象庁の発表によりますと、非常に強い台風15号は午前7時には和歌山県の潮岬の南南西90キロの海上を、1時間に35キロと、やや速度を上げて北東へ進んでいるものとみられます。中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで、中心の南東側150キロ以内と北西側110キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。
 現在、紀伊半島は一部が台風の暴風域に入り、潮岬では午前6時ごろに29.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。紀伊半島では台風本体の強い雨雲がかかり、近畿を中心に雨が強まっているほか、台風周辺の湿った空気や前線の影響で西日本から東北にかけての広い範囲で雨が続いています。午前6時までの1時間には▽福井県敦賀市で37ミリの激しい雨が降ったほか、▽岐阜県関ケ原町で29.5ミリの雨を観測しました。また徳島市ではこの24時間に降った雨の量が500ミリ近くになっているほか、香川県では400ミリを超え岐阜県でも400ミリ近くになっているところがあります。次の県では土砂災害の危険性が非常に高くなっている地域があります。愛媛県、香川県、徳島県、岡山県、兵庫県、奈良県、岐阜県、静岡県、福井県、山梨県、福島県、山形県、それに宮城県です。また、徳島県では川が氾濫する危険性が高くなっているほか、前線による雨が続いている山形県でも川が氾濫する危険性が高くなっている地域があります。
 台風は紀伊半島などを暴風域に巻き込みながら速度を上げて西日本の南の海上を北東へ進み、21日の日中、西日本や東日本にかなり接近して上陸するおそれがあります。台風の接近に伴い、西日本から北日本にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。22日朝までの雨の量は、いずれも多いところで、▽関東甲信で400ミリ、▽東海で300ミリ、▽近畿と北陸、それに東北で250ミリ、▽中国・四国で200ミリ、▽北海道で150ミリと予想されています。さらに、西日本から北日本にかけて風が次第に強まり、最大風速は陸上で20メートルから25メートル、海上で25メートルから35メートルと予想され、大平洋側の海は大しけになる見込みです。気象庁は土砂災害や川の氾濫、暴風、高波などに厳重な警戒を呼びかけるとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。特に四国や東海地方などではすでに大雨になっている地域も多いほか、紀伊半島も今月初めの豪雨で大きな被害が出ていることから、今後の雨や暴風に対して警戒が必要です。

Similar Articles:

Tags:

この記事を評価してください。☆いくついただけますでしょうか?

【日記・ブログランキング】に参加しています。よかったらクリックしてください。

Print This Post Print This Post

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2011/09/21073921/trackback/

Leave a Reply