イギリスBBCがテレビ番組でマルクスを取り上げるらしい

イギリスのBBCが、Masters of Moneyという3回連続番組で、第1回のケインズ、第2回のハイエクに続いて、第3回として、マルクスを取り上げるようです。番組放送は10月1日午後9時から(もちろん現地時間)。

BBC Two – Masters of Money, Marx, The World According To Marx

タイトルは「世界はマルクスに従って」といった意味でしょうか。

BBCのテレビ番組はネット上のBBC iPlayersでも視聴できるようになっていますが、イギリス国内からのアクセスに限られているようで、日本からは見ることができません。残念…。

さきほどのBBCのマルクス番組紹介のページでは、こんなふうに紹介されています。

マルクスは人類史をつらぬく法則があった、そして資本主義は本来的に不安定だと信じていた。世界はボスと労働者とに分けられる。彼にとって、世界はつねに不安定だろう。利潤を生むために、ボスたちは自分たちの労働者に支払うものを圧縮する。恐慌が起こるのは、労働者が、ボスたちが彼らに売ろうとするものを買うだけの十分なお金を持たないときである。資本主義はますます大きな恐慌を生み出すだろう。そのとき、それは崩壊するだろう。この最終崩壊へとわれわれを導く力は、現代世界を最初に築いた同じ力である。それは貨幣の権力だ。

自動崩壊論的なニュアンスはあるものの、資本の利潤第一主義が、一方ではより多くの剰余価値を手に入れようと「生産のための生産」に突き進みながら、もう一方で、労働者に支払う賃金はなるべく低く抑えようとして、必然的に恐慌にいたらざるを得ないという恐慌の原因・根拠を取り上げています。

また、別の紹介ページでは、番組のプレゼンターが「マルクスの生まれた場所からベルリンの旧体制の収容センターを旅し、マルクスの経済分析をマルクスの名前で行なわれてきたことから分離する」と書かれています。

この「マルクスの経済分析をマルクスの名前で行なわれたきたことから分離する」というのが、どういう形で取り上げられるのか、そこも興味深い点です。

残念ながら日本から動画をみることができないようですが、これまで2回分の内容と思われる記事がBBCのサイトに上がっているので、マルクスの回も放送が終われば、読むことができるかもしれません。

YouTubeにはこれまで2回分の動画が上がっています。マルクスの回についても期待しましょう。^^;

http://youtu.be/3rIs5YF5gqw
http://youtu.be/0CrvxrhbBoY

ちなみに、BBCでは、1999年にミレニアム(1000年紀)最大の思想家は?というアンケートをおこない、マルクスが第1位になったことがあります。

BBC News | World | Marx the millennium’s ‘greatest thinker’

Similar Articles:

  1. “According To” は、聖書の、○○「による」福音書の「による」のもじりだと思います。

  2. うにさん、こんばんは。

    すると、タイトルは「マルクスによる世界」ということになりますね。神に代わって、マルクスが世界についての真実を伝える、という感じなんでしょうか。

    なんにしても、面白い企画だと思います。

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">