アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

日米FTA反対の理由

2007年4月10日 at 18:11:33

今日の日経新聞(夕刊)の「十字路」で、吉田春樹氏(吉田経済産業ラボ代表)が、「日米FTAには賛成できない」と題して、短評を書かれている。

吉田氏は、「私は自由貿易論者を自認している」といい、「日韓のFTAは積極的に進めたい」と言われるが、しかし、「日米のそれには賛成できない」という。その理由を、こう説明されている。

 自由貿易国家日本はFTAの条件を厳格に守るべきだ。したがって、仮に農業大国米国との間でFTAを締結すれば、農作物を自由化の対象からはずすことはできない。十年の猶予期間は、あっという間に経過するだろう。その結果、現在主要先進国間で最低のわが国食料自給率はさらに低下する。日豪FTAも同様だ。それでいいのか。
 政府に任せずに、国民の間でよく議論したい課題だ。

自由貿易論者だからこそ、FTAに賛成だからこそ、農業大国であるアメリカ、オーストラリアとのFTAは、日本の食料自給率をさらに低下させるから、反対だ。非常に明快な主張だと思いました。

Similar Articles:

Tags:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2007/04/10181133/trackback/

Leave a Reply