ケインズ『一般理論』

ケインズの『雇用、利子および貨幣の一般理論』。岩波文庫で新しい訳が出たので読み始め、そろそろ上巻が終わるところまできました。しかし、すでに義務感だけでページをめくっているような状態。(-.-;)

第3篇までは何とか理解しながら読めたのですが、第4篇「投資誘因」あたりから、字面を追うだけになってしまいました。「資本の限界効率」という出だしのカテゴリーが、実態として何を意味しているのか、イメージがわきません。投資が増えると、資本の限界効率が低下する? たくさん物を作ったって、だんだん売れなくなるということだろうな、というのは分かるのですが、ケインズの定義からどうしてそういう結論が出てくるのか、やっぱりよく分かりません。(^_^;)

なんかいい参考書、ないですかね。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">